永井酒造

「MIZUBASHO PURE(水芭蕉ピュア)」「水芭蕉」「谷川岳」「Nagai Style」

群馬県 川場村の酒蔵。話題のawa酒「MIZUBASHO PURE(水芭蕉ピュア)」をはじめとする「水芭蕉シリーズ」は群馬を代表する銘酒です。

お客様に最良の状態で飲んでいただきたいため、蔵元から直接届いた商品は直ちに冷蔵庫で保管しています。
仕入れ数量にも出来る限り注意し、蔵元から出荷間もないものをお届けできるよう管理しています。
品質管理を徹底しておりますので、自信をもってお届け致します。

店頭販売もしております。
遠慮なくお問い合わせください。
[ お問い合わせはコチラからどうぞ ]

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [63] 商品中 [1-12] 商品を表示しています 次のページへ

水芭蕉 純米吟醸 180ml【永井酒造】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

330円(税込356円)

コストパフォーマンス良し!


水芭蕉 純米吟醸辛口スパークリング 180ml【永井酒造】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

360円(税込389円)

通年販売になりました〜 ミズバショウピュアの基になった発泡性清酒



水芭蕉 純米大吟醸 <翠 >180ml【永井酒造】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

400円(税込432円)

フランスの「KURA MASTER 2017」でプラチナ賞受賞


水芭蕉 純米吟醸 300ml【永井酒造】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

520円(税込562円)

コストパフォーマンス良し!



水芭蕉 純米大吟醸 180ml【永井酒造】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

550円(税込594円)

フランスの「KURA MASTER 2017」でプラチナ賞受賞


水芭蕉 純米大吟醸 <翠 >300ml【永井酒造】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

640円(税込691円)

フランスの「KURA MASTER 2017」でプラチナ賞受賞


谷川岳 心 720ml【永井酒造】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

840円(税込907円)

心に響くホッとする味・・毎日の贅沢。



谷川岳 とび辛[+15]720ml【永井酒造】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

900円(税込972円)

キレのある辛口をお楽しみ下さい。


谷川岳 超辛口純米酒 720ml 【永井酒造】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

900円(税込972円)

新価格!お求めやすくなりました。


水芭蕉 山田錦吟醸麹から造った甘酒500ml【永井酒造】【ノンアルコール】(群馬県産地酒/群馬の地酒)

950円(税込1,026円)

ノンアルコールの砂糖不使用。老若男女問わず滋養強壮にどうぞ♪


全 [63] 商品中 [1-12] 商品を表示しています 次のページへ

永井則吉(ながいのりよし)
永井酒造株式会社・代表取締役
一般社団法人awa酒協会 理事長
1972年生まれ・AB型
東海大学建築学科卒

座右の銘 素直になる。正直になる
目指す酒  モンラッシェ(Montrachet)の世界観・世界を魅了する酒

子供の頃の夢はプロ野球選手。中学時代はエースで四番の中心選手。中学最後の大会でコロっと負け、高校は未練なくバスケ部に入部。その年の秋にはレギュラーになるほど運動神経が良かったそうだ。50m=5.9秒

大学入学直後、学部の学内コンペで入賞するほどの非凡さを発揮。
町づくり・都市計画を学ぶ。実兄(現会長)の蔵の新しい方向性に共感し、町づくりも酒造りも地域をつくり文化を産み出すものと面白さを見いだし家業に就く。
現在独自の発想を理系の頭脳で組み立て、次々に産み出している。

常に食事はこだわる姿勢は酒造りを意識してのもの。
その味わいを自分の舌に覚え込ませる作業なのだそうだ。
今後、日本酒の二千年の永い歴史や日本人の祖先が残してくれた技術と文化を世界に発信し、永井酒造の「酒」・「価値観」も世界に伝えて行きたいと抱負を語られました。

平成25年6月に社長に就任されました。
これまで培って来られた人脈を家業の酒造りと共に地元川場の魅力づくりと情報発信に更に活かされそうです。これからの活躍が増々楽しみです。


清酒専門評価者認定証と水芭蕉ピュアの特許証2通

後藤賢司(ごとうけんじ)
永井酒造株式会社・杜氏/ 一級酒造技能士
1968年生まれ・O型
電気通信大学卒

座右の銘 大は小を兼ねる(自分の体が大きいので[身長:185cm、体重:100kg(弱?)]とは本人談)
大学〜社会人ではアメフト選手。大学では副将、社会人では主将を任される。

目指す酒  人生を終える時に「あ〜自分の醸した酒が一番旨かったな〜」と思える酒

好きな酒  水芭蕉吟醸原酒斗瓶囲い・水芭蕉吟醸酒

子供の頃の夢は『町のでんき屋さん』。
専門の大学を卒業し大手電機メーカーに就職しLSI開発エンジニアとして活躍した。同期会でたまたま口にした大吟醸酒が人生の転機となり、独学で酒造りを学び、飽き足らず退職し酒蔵に就職することを決意した。
全国の酒蔵に問い合わせようと酒蔵の名簿を手にし片隅に各県の酒造組合の電話番号に気付き問い合わせたところ、10数社訪問した中のひとつが永井酒造だった。当時の常務(現会長)や杜氏の話で入社を決めた。
次男に生まれ何でも好きな事をして良いと言われて育ち、一途な性格故、でんき屋さんと杜氏と二つの夢を叶えた。

全国で26番目となる一級酒造技能士の認定を受け永井則吉氏と連名の特許証はMIZUBASHO PUREのもの。

高橋与商店

酒屋の化粧品
Top